バイクキャンプ歴9年目の本気おすすめテント9選【キャンツー向け】

バイクのテントって選ぶの難しいですよね。

ただコンパクトなのを選べば良いわけじゃないし、どれがいいのか分からない。

それもそのはず、バイクには独特のテントの選び方がありますが、あまり書かれていません。

これは、実際にバイクに荷物を積まないと分からないです。

バイク歴9年目でテント3つを買い替えた筆者が、自身の失敗も踏まえて選ぶポイントから本当にオススメのテントを紹介します。

この記事を見ればバイク乗りはどんなテントを買えば良いか分かります!

0. 万人にオススメのテントはない!

そもそも、万人にオススメのテントなんてあるわけないです。

だって、バイクによって積載量も違うし、人によってキャンプの過ごし方も違います。

そのため、この記事では3つのタイプに分けてご紹介をしたいと思います。

 材料 


1.大きさと居住性のバランスが良いテント!
2.居住性がないけどコンパクトなテント!
3.大きいけど居住性が良いテント!



2. テントの選び方

2.1 収納時サイズ

収納時のサイズは、自分のバッグに収まるかを確認しましょう。

例えば、タナックスのキャンピングシートバッグ2なら350×620mmまで、など。

バッグは人それぞれですが、これを見誤ると大変なことになります。

2.2 利用人数 (展開時サイズ)

利用人数は、2人用を選びましょう。

荷物を最小限にしたい人は1人用でもOKですが、1人用の場合は前室があるテントにしましょう。

これは、バイクに積んだその他荷物、ヘルメット、ウェアをテント内に置けないためです。

逆に、4人用以上もNGです。重さや収納時サイズで無理が出ると思います。

2.3 重さ

重さはどんなに重くても5kg以内にしましょう

これ以上重いと、バイクに載せた際に不安定になる可能性が高いです。


荷物の中で一番重いのはテントです。

それをバッグ内で左右どちらかに寄せてテントを積むため、テントが重すぎるとバランスが取れずバッグのズレに繋がります。

よほど上手く真ん中に積めばバランスを取れるかもしれませんが、難しいです。

それでもサイドスタンドを立てた際に、やはりバッグがズレると思います。

積載も楽ですし、よほどの理由がない限り軽いテントを選んだ方が良いです。

2.4 デザイン

これが意外と大事!

だってバイクもカッコいいモノを選んでいるはずですから、写真を撮るとき映えるものが良いですよね。

バイクの色と合わせるとキャンプサイトに一体感が出ると思います!

3. 大きさと居住性のバランスが良いテント!

荷物のサイズをほどほどに収め、居住性も確保したい人にオススメのテントです。

キャンプ用ツーリングバッグには詰めるサイズで選んでいます!

3.1 Naturehike CloudUp2

出典:Amazon様

最初は中国の老舗、Naturehikeのぶっ飛びコスパテント、CloudUp2です。

耐水圧3000~4000mmで冬キャンプ可、グランドシート付でこの軽量コンパクトなテントが1万円台です。

収納時サイズ(cm)40×13×13
利用人数2人
重さ1.9kg

イカれたコスパです。中華ブランドを気にしない人は買いではないでしょうか!

色も6色を展開しています。色ごとの価格の比較はAmazonが見やすいと思います。

Naturehike 2人用 テント CloudUp2アップグレード版 自立式 超軽量 コンパクト 4シーズン 防風 防水 専用グランドシート/収納袋付 (緑、210T)
Ubens



3.2 ムラコ Nimbus/BLACK BEAK 2P

出典:ムラコ様

日本のガレージブランド、ムラコから小型軽量なテントが出ています。

真っ黒なテントが唯一無二で、超カッコいいです。

黒は暑くないの?という疑問がありますが、レビューを見ると影が濃く涼しいらしいです。

ソロ/ツーリングに使えると公式も銘打っており、確かにコンパクトで軽い!

収納時サイズ(cm)45×φ17
利用人数2人
重さ2.27kg

コンパクトですが、前室にも余裕があります。

また、外側のテント (フライシート) のみで自立するため、フライシートのみでコット寝することも可能です。

ちなみに色は2色展開!白 (Nimbus 2p) は筆者も使っています!

出典:ムラコ様


3.3 MSR エリクサー

出典:株式会社モチヅキ様

登山キャンプの名門ブランド、MSRのエリクサーです。

美しい見た目、裁縫の精度、機能性、どれをとっても流石の一流品です。


MSRの2人用テントの中では生地が厚め、その分価格が低めの商品のようです。

それでもなおこのサイズと重量はさすがMSRと言わざるを得ません。

収納時サイズ(cm)51×φ17
利用人数2人
重さ2.7kg

本来2人用テントは5~6万円台のMSRですが、この美しい見た目のテントが3万円台で手に入るのはありがたいですね!

テントに少し詳しい人なら、MSRテントを広げると「おっ」となります。


4.居住性がないけどコンパクトなテント!

荷物を最小限に抑えたい人にオススメのテントです!

キャンプではほとんど外で過ごすため、テントは寝るだけな人にオススメです。

この手のテントは山岳用が多いです。

4.1 モンベル クロノスドーム1型

出典:モンベル様

モンベルの伝説的テントです。

このテントはコストパフォーマンスが素晴らしい!

価格はこの機能、軽さで定価で22000円(税込)という破格です。

収納時サイズ(cm)33×φ16 (本体)
43×φ6 (ポール)
利用人数1~2人
重さ1.95kg

かなり狭い2人用テントなので、実質1人用です。

非常にコンパクトで軽いうえに、耐水性も必要十分、難燃性生地など素晴らしい機能を備えています。

いや、予算2万円がギリ!という学生さんも頑張ってこのテントを買う価値はあります!

※一応リンク張りましたが、Amazonは転売価格で販売されているため公式サイトの方が安いです。公式サイトか、キャンプ用品店で買うことをおススメします。



4.2 Nemo タニ 1P

出典:イワタニ-プリムス様

新進気鋭のブランド、Nemoの一人用テントです。

日本の山のために設計されたため、多湿な日本でも快適に過ごせます!

何より軽い!重量はモンベルのクロノスドームの約半分です!

収納時サイズ(cm)21×17×12 (本体)
41×φ6 (ポール)
利用人数1人
重さ1.05kg

欠点は完全一人用で、テント内部にスペースがないことです。

しかし、一人用の山岳テントの中では前室が十分に広いので荷物を置くことができます!


何よりNemoのテントはオシャレです。

キャンプ場でも被ることが少なく目立てますよ!

created by Rinker
ニーモイクイップメント(NEMO)



4.3 スノーピーク ラゴ1

出典:SnowPeak様

新潟の超有名ブランド、スノーピークの1人用テントです。

超ミニマリスト向けです。重さはなんと1kgを切ります!

収納時サイズも小さく、バックパックにも入れることが可能でしょう。

収納時サイズ(cm)φ14×33
利用人数1人
重さ0.95kg

欠点は、前室スペースも小さく、本当に一人が寝ることしかできないこと。

出典:Snowpeak様

本当に最小限の荷物でキャンプを行いたい人にはおススメです!



5. 大きいけど居住性が良いテント!

荷物には余裕がある人向けのテントです。

多少重くてもゆったりと過ごせるテントを集めました!


5.1 DoD ワンポールテント(S)

出典:DoD様

圧倒的コスパの製品を多く生み出しているDoDから、またまたすごい価格のテントが出ています。

値段はなんと1万円強です!

すごいぞDoD!ありがとうDoD!

3色展開でどの色もオシャレですし、ギリギリバイクにも収まりそうです!

人数も大人3人用と記載されており、十分な広さです。

収納時サイズ(cm)52×φ14
利用人数3人
重さ3.1kg

ティピーテント(X角錐のテント)をこの値段はおそらく業界最安値です。



5.2 小川キャンパル ステイシーST-Ⅱ

出典:小川キャンパル様

日本の老舗、小川キャンパルから居住性の高い3人用テントが出ています!

公式にもツーリングに使えることが記載されておりスペック上も問題なく積載できそうです。

1人がお子さんの3人家族なら寝られる広さです!

収納時サイズ(cm)44×21×21
利用人数2~3人
重さ3.9kg

ご家庭のキャンプとテントを統一したいお父さんにもおススメのテントです。

5.3 スノーピーク アメニティドームS

出典:スノーピーク様

スノーピークの名作テント、レジェンドです。

使用している人で不満を言っている人を見たことがないです。

とにかく居住性が良く、もはや前室はリビングです。

長辺が58cmと長いので、バッグに入るかは要チェックです!

収納時サイズ(cm)58×18×23
利用人数3人
重さ5kg

こちらも3人家族なら利用可能です。

キャンツーとファミリーキャンプでテントを共通化したい人はぜひ!



6. 新テントで新境地に!

お気に入りのテントは見つかったでしょうか。

最高のテントは人それぞれ違います。

納得のいくまで探し、最高の一張りを探してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です