【考察】SSでキャンプできるの?SSの積載を増やす方法

SSでキャンプツーリングなんて、可能なのか?」

そんな悩みをツイッターで時々見ます。

結論から言うと、

「できます」


むしろ余裕です。

私はSSの中でも積載性能の低い、センターアップのYZF-R1で46都道府県を回り50泊以上キャンプしました。

この記事を読めば不安が払拭できます。

※SSに荷物積んでツーリングするなんてダセェ!と言う方はここでブラウザを閉じてください。

荷物が載らないんじゃ無いの?

よく言われるのが「荷物が乗らない」と言う点。

確かに、ツアラーに比べたら荷物は乗りづらいかもしれません。

でも、普通に荷物は乗りますよ。

だって、SSって言っても市販車だし、各メーカーのフラッグシップですよ。

キャリアは車種専用品が出ています。

シートバッグが本気で付けられないなんて、H2のように最初からシングルシートのバイクだけです。

私の知人には、Agusta F4RR で北海道ツーリングした人がいます。

国産のSSなら全年式、間違いなく荷物を積めます。

どうやって荷物を固定するの?

荷物を載せる方法は3通りあります。

私は全て試しました。


方法1. シートの上にシートバッグを載せる

この方法が最も外観を損いません。

ハードなロングツーリングをする方以外はコレがオススメです。

市販のシートバッグをそのまま載せる方法です。

北海道ツーリングを2回しましたが、すれ違うSSの大多数がこの方法で荷物を固定しています。

そしてほとんどがこのシートバッグです。私も一時期使用していました。

このシートバッグがあれば、キャンプ道具はあらかた入ってしまいます。

ただし、バッグとシートカウルが擦れて傷つくので、シートバッグと触れる箇所のカウルは養生テープ等で保護する必要があります。

雨の時にカバーが飛びやすいという欠点がありますが、失くした時は大きなゴミ袋を買って被せて凌いでいました。

紐を掛ける場所が少ない場合は、こういう製品を付けて、荷掛けフックを増やすことも有効です。



もし、2015~のYZF-R1のようにシートが極細でバッグの固定が不安と言う方はへプコ&ベッカーのスピードラックがオススメです。

出典:へプコ&ベッカー公式サイト

シートを入れ替えるだけでポン付けできるので、重宝します。

方法2. キャリアを付けてトップケースをつける

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:モトコ様

トップケースは外観を損ないますが、荷物が濡れないというメリットがあります。

鍵が付いているため、セキュリティ上も安心です。

荷物をバイクに付けたまま安心して観光に行けるため、ハードなロングツーリングをする方はこの方法を好みます。

導入には3つのお買い物が必要です。

  1. リアキャリア
  2. ベースプレート
  3. トップケース

1.リアキャリア

リアキャリアは車種専用品が出ています。

どの車種でもレンテックか、ベンチュラか、前述のスピードラックになるのではないでしょうか。

「”車種名” キャリア」で調べるといくつか出てくると思います。

レンテックのキャリア

YZF-R1 09〜12年 スポーツキャリア ブラック レンテック(RENNTEC)

ベンチュラのキャリア

スピードラック


気に入ったものが見つからず、キャリアを作ってしまう人もいます。

お金に余裕のある方は挑戦してみては!

出典:モトコ様

2.ベースプレート

ベースプレートは、キャリアにトップケースを取り付ける土台になる役割です。

使用したいトップケースに適合するものを購入してください。

特に、最も有名なトップケースメーカーであるGiviを使用する場合は、モノキーケースモノロックケースと2種類あるため、注意が必要です。

※公式やショップの説明では、「モノキーケースのベースに汎用品はなく、Giviが車種専用キャリアを出していないと取り付けられない」と説明を受けますが、輸入品で汎用ベースプレートがあります。

モノロックケースは普通に汎用ベースプレートがあります。

3.トップケース

トップケースは品質や取り付け方法を含め、お金があるならGiviがオススメです。

Giviはモノキーとモノロックのケースがありますが、断然モノキーがオススメです。

理由としては、 最大積載量が モノキーはモノロックの3倍強あるためです。

※最大積載量はモノキーは10kg、モノロックは3kg

また、ケース自体も大きくキャンプ向けのものが多いです。


トップケースの天板部分にレールを付けることで、さらに荷物を積むことができます。


方法3. ホムセン箱を載せる

出典:アヘアヘカモシカR6おじさんブログ様

この方法が最も外観を損ないますが、最も安価で拡張性があります。

ホームセンターで売っているベランダボックス、通称ホムセン箱をリアシートに括り付ける方法です。

DIYで土台を作った上に固定されていることが多く、山形になっているリアシートにそのまま載せるのは危険なのでお勧めしません。

私が旅の途中で見かけた方は、純正リアシートの綿を全て取り除き、ネジ穴を切って鉄板を固定し、その上にホムセン箱を載せていました。

純正リアシートなら外れることはないですし、もともと2人乗り用なので、耐荷重もかなりあります。

DIYに自信がある方は挑戦してみは!


どんなバイクでもキャンツーリングはできる!

キャンプツーリングができない市販車のバイクは、極々一部だと思っています。

少し積載性が悪いくらいで、諦めないでください。

愛車でキャンプに行きたいなら、それがSSであっても行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です